いま 本を読んで いるところ。


by bacuminnote
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忘れる。

▲そういう年頃なのか、この頃よく「忘れる」。
いや単純に年頃のせいになんかしていて大丈夫かなあ(笑)と
いう気もちらっとするんだけど。
さっきも受話器の向こうで友人は「えっと、えっと、ああ、ここまで出てるのに思い出せない」と唸ってるし、傍ら相方は「買い物に行ったら、ほら、あれ、あれ、わかるやろ?あれ買うて来てくれ」と、のたまう。

▲ま、50もすぎればハードディスクの容量も年々小さくなって、どんどん、すぐそこの過去の記憶もはみ出してしまうのかも(そのくせ、うんと昔の記憶は頑固なまでに、きちんと抱え込んでたりするのだが)と思いながらも、
図書館で「おお!これ、これ」などと喜々として借りて帰った本を途中まで読んで初めて「あ、これ前にも読んだ」と気づく自分に、いま、しみじみと呆れ果てています(苦笑)

▲昨日は午後から親子で『国際政治を読み解く』という講演を聞きに出かけたんだけど、講師である某大学教授も講演途中二度ばかり「ど忘れ」というのがあって「クルド」と「東ティモール」が出て来ず、しばし苦渋の面持ちで沈黙のあと、会場から助けて貰ってはりました(笑)
そういうセンセの失敗はしっかり覚えてるんだけど(そういうときは何故だか目が冴えている/苦笑) 二、三回居眠りしてごっそり記憶が飛んでるとこもあって。「あかん、あかん」と思うのに、聞いてる内にどんどんまぶたが重くなる 午後からの講義のあのだるーい感じを久々に体験しました。

▲申し込みのときは、はりきってたくせに隣席の息子は爆睡してたし。
前列ビジネスマン風三人は初めからもう肩が大きくゆれていて。最後まで扇子ぱたぱたの手を止めなかったおっちゃんや、熱心にメモをとったかと思うと退屈そうにハナクソぽりぽり、親指と人差し指を絶えずこすって、そのうち眠る・・・を繰り返していたお方もいて。相方は最後まで「静聴」していたみたいだけど、あとで聞いたら感想は「新しく得ることは何もなかった」そうであった。ううむ。
・・とまあ、そんなわけでわたしには「聞く」より「見る」がエクサイティングな2時間でした。

▲帰りは熟睡して目覚めさわやかな息子(笑)のリクエストでこの暑いのにラーメンと餃子。
親は生ビールと串カツも注文して。まだ明るいうちにビールをのむシアワセに酔いながらよろよろと(笑)店を出たのでした。が、家まで歩くわずか10分余りのうちにそんなシアワセも「忘れて」「ああ、家に着いたらビール飲も!」と思う(笑)
とにかくまあ、ものすごく暑い大阪の一日でありました。
[PR]
by bacuminnote | 2005-06-26 10:24 | 出かける