いま 本を読んで いるところ。


by bacuminnote
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

きょうだい。

▲ 日々寒かったり汗ばむようだったり。いつも季節のかわりめは こんな感じだけど。とりわけ今年のそれはかなりの気まぐれモンやったから。
そうそう、雨の日も多かったしね。わたしのまわりでも風邪をひいた人や体調くずした人の話をよく耳にした。かくいうわたしも低空飛行。
でも、やっと一昨日あたりから春らしい青空が続くようになって、ほんまうれしい。

▲ 洗濯物を干しに庭に出たら、いつのまにか つつじが赤いのも白いのんも満開で。梅の木を見上げると、新緑に光が透けてきれいやから。洗濯物干す手を何べんも休めては、その瑞々しいみどり色にうっとり見入ってる。
ふと足元みたら小さな青梅がいくつも転がっていておどろく。かわりめどころか季節はすでに「その次」へとむかってるんやねえ。

▲ 今日も朝からきもちよく晴れわたり、買い物に出たらものすごい人出。初めて、そろそろGWの始まりなのだ〜と気がついた。
こういう日はファミリーで買い物に来はる人が多い。そんで決まって子どもたちは、途中退屈のあげく きょうだい喧嘩となり最初は下の子が泣き出し、その後「お兄ちゃん/お姉ちゃん でしょ!」的に親に怒られて上の子も泣き出し、収集つかんようになってる〜という場面に何組か出くわす。
ウチの子らはうんと歳が離れていて、兄弟げんかはしたことがない、というか、けんかにもならんかったように思うけど。わたし自身は末っ子で 姉たちに可愛がられもしたけど、たまにイケズもされたり泣かされもした。

▲ その姉たちに、この間ひさしぶりに会うた。帰省中だった姉2が大阪に用事で出てくるというので「ほな、お昼ごはんでも一緒に」という話になったんやけど。二女、三女、四女の面子で会うのは何十年ぶりかもしれない(残念ながら姉1は仕事で来れなかった)。
子どもの頃から一番上の姉は大人しくて落ち着いており、姉妹げんかも専らこの三人だった気がする。

▲当たり前だけど、姉妹いうても、性格も好きなこともちがうし、大人になってからは仕事も、家族構成も生活のスタイルもちがうし。ちがうことだらけやのに。長いこと会うてなくても再会のその瞬間から別れるまで丸4時間ノンストップで しゃべって笑うて、又しゃべってしまうのは、やっぱり姉妹ゆえ、やろか。

▲ そういえば昔、この三人で夏休みに家で「歌合戦ごっこ」をしたことがあって。わたしが小学一年生の頃だったと思う。姉妹の中で姉3は歌がうまかったんよね。当時の十八番(おはこ)は「東京のバスガール」。興がのると、バスガイドさんみたく右手を肩あたりまで挙げるジェスチャー入りで盛り上がって拍手したっけ。

▲ わたしの番になって、歌では負けるからせめて歌合戦ぽく演出したかったのか、ただ高いとこがよかったのか(笑)ピアノ用のくるくる回る丸椅子の上に立って歌おうとしたのである。
が、椅子の上に上がったと思ったら、案の定バランス崩してあえなく落下(泣)唇を切って「血が出た」と大騒ぎして、この日の歌合戦は中断となった。
あとで、小さい妹のけがを姉たちはきっと親に怒られたんやないかなぁ、と今はすまなく思うけど。
当時は泣くだけ泣いて、あとはけろっとして誰からも怒られもせず、という末っ子は
せやから姉たちに「あんたは要領ええんやから」と(不本意ながら)恨まれることになるんやけど。

▲ たしか、翌日は登校日だったんよね。
わたしは下唇腫らしてガッコに行って、たぶんお決まりの「けが自慢」(苦笑)言い訳するわけやないけど、子どもの頃ってわたしだけやなく、日常とちょっと変わったことが起きると、みな友だちに自慢してたように思う。
今も微かに残る下唇の小さな傷あとを見ると、あの日、姉3の♪発車オーライ、明るく明るく走るのよ〜というよく通る声と、落下後びっくりした姉たちの「クミちゃん!」という大きな声と、ピアノの「ラ」の鍵盤にこぼしたジュースの(バヤリース!)オレンジ色の染みが浮かんできて、頬がゆるむ。

▲ さて、そんな遠い日を思い出しながら、お互いの近況報告をして、最後は親の話。親のええとこも、悪いとこも、遠慮なくいえる最強のメンバー(苦笑)は、きょうだいやもんね。
けど、口いっぱいに好きなことに言うたあとは、さびしそうな母の顔がうかんできたりして。ちょっと言い過ぎたかな〜と、うしろめたいよな気持ちになって。それは姉たちも同じとおもう。
しゃべってしゃべってたら、あっという間に「帰る」時間になって。駅でちょっと照れながらも、おばちゃん三人 大げさにハグし合って「ほな、また」と別れた。


*追記
その1)
東京のバスガール〜コロムビア ローズ→

その2)
この間から心身ともにしぼんだ風船みたいな数日やったんですが。今日ショッピングセンターや図書館で小さい子らの「きょうだいげんか」を見てるうちに、むくむくと元気がでてきました(苦笑)
子どもが体震わせて怒ったり、全身で泣いたりしてる姿って、ものすごくて力づよく感じて。なんか胸がいっぱいになりました。
そんなそばを選挙カーが何台も「よろしくおねがいします」と連呼して走って行ったけど、何よりこの子たちがたいせつにされる社会でありますように。

その3)
『父さんの銃』(ヒネル・サレーム著 田久保麻里訳 白水社2007年刊)という本を読みました。現在亡命先のパリで活躍するクルド人映像作家による自叙伝的小説。
p159と薄い本で、読みやすい文体ながら峻烈な作品。とても読み応えのある一冊でした。知らなかったことも多く、途中地図帳を開いたり。
今日はまだ紹介するのに体力不足だったんだけど。冒頭、主人公のぼく、アザドの語りの一節を書きうつしてみます。

祖父が語った話では、祖父はそもそも、自由な大地で、クルド人として生まれたのだった。そこへオスマン人がやってきて、「おまえはオスマン人だ」と祖父にいうので、祖父はオスマン人になった。オスマン帝国が崩壊すると、今度はトルコ人になった。トルコ人がいなくなって、〈クルドの王〉シェイク・マハムードが王国をきずくと、またクルド人になった、次にやってきたのはイギリス人だった。おかげで祖父は女王陛下の臣下になり、英語なんかもカタコトおぼえた。

イギリス人は、イラクという国をつくり、祖父はイラク人になった。でも、その〈イラク〉という耳なれない言葉がいったいなんおことだか、祖父にはさっぱりわからなかった。そして、最期に息を引きとる瞬間まで、イラク人であることを誇りに思ったことはなかった。これは僕の父親、シェロ・セリム・マライも同じ
』(p3より抜粋)

その4)
今日はこれを聴きながら。
Nobody Knows the Trouble I've Seen - Charlie Haden And Hank Jones-Steal Away→

その5)
旧友悪友楽友〜うらたじゅんの作品集『冬のプラネタリウム』がもうすぐ発売になります。なお、この本の出版を記念して 東京での個展『絵のプラネタリウム』は5月9日〜20日→
[PR]
by bacuminnote | 2015-04-25 20:32 | 出かける | Comments(0)