いま 本を読んで いるところ。


by bacuminnote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ただの年。

▲12月31日、朝。
ええ天気。冬の青空がほんまにきれいでうれしくなる。
「ふらここや空の何処まで明日と言ふ 」(つつみ眞乃)
ふらここ(ブランコ)は春の季語だけど、年の暮れに空を見上げるといつもこの句をおもいだす。

▲こどもの頃はおこたでテレビ「紅白」につづいて「ゆく年くる年」を見てたから、除夜の鐘の音のあと、司会者の「あけましておめでとうございます」が年を越したという「合図」だったけれど。
テレビの途中トイレに立って、ふと窓からみた真っ黒な空のどこかに線が一本あって、ここから今年で、あそこからは来年、ってなってるんやろか?と、じいっと眺め入ってたんよね。

▲今年はつらいことの多い一年だった。
昨年末から起きた膝痛から始まって(おかげさまでこれはその後だいぶよくなりました)、長いブランクのあと還暦を機に再会した同級生たちが、思いもかけずかけ足で遠いとこにいってしまった。それに、十代のころからずっと聴いてきただいすきな(というかわたしにとって大きな)ミュージシャンも次々と旅立って行った。
ひとにはいつか誰とでも別れがあることは、わかってる。そのつもりやったのに。おろおろしてる自分に「しっかりせんかい」と言い聞かせる。

▲けれど、一方では出会うことの多い一年でもあった。
近く遠くの友人たち、なかにはリアルに会うのは初めての方もいて。愉しくかけがえのない時間をすごした。
そして本も映画も音楽も。しょんぼりするわたしを何度もたすけてくれた。
膝痛がすこし落ち着くと、杖持参であちこちに出かけた。映画館に、講演に、そしてだいすきな人たちに会いに。

▲この国だけじゃなく世界のあちこちから耳に入るニュースは相変わらずひどいものばかりで。
我慢ならないことは、この国の総理大臣というひとが発することば。嘘に嘘を重ねて平然と発するそれは、ことばを冒涜していると思う。
こどもたちが彼のスピーチを聞いて、ことばが本来もつ意味を取り違え、ことばとはなんとあてにならない空疎なものなんだろ、とことばを軽んじるようになるのではないだろか。

▲さて、朝から書き始めたのに、洗濯物ほしたり買い物に出たり、洗い物したり、数の子塩抜きしたり、大量に牛蒡のささがきしたり(今夜は鴨鍋なり)、息子ふうふと、飲んだり食べたりしゃべったりしてるうちに、今日(今年)もあと少し。
結局書きたかった本のことは書けずじまいで、「線のむこう」に行ってしまいそうです。

▲今年もつたないブログを読んでくださって、おおきに。ありがとうございます。
2017年こそ佳き年になりますように。
だれにでも温かいねぐらがありますように。
ちいさいひとたちが(おおきいひとたちもまた)笑顔ですごせますように。

「只の年またくるそれでよかりけり」(星野麥丘人)
[PR]
Commented by nabetsuma at 2017-01-05 15:43
bacuminnoteさん、お出かけですか?
お元気ならそれで良いのですが、5日更新ないとちょいと心配。

こちらもご存知のように昨年は深刻ではないにせよ病気がちでした。
60才って・・考え深い年となりました。
Commented by bacuminnote at 2017-01-05 21:14
■nabetsuma さん。
わ!気にかけてくれはって、おおきに。ありがとうございます。
年末年始、東京からむすこふうふが帰省して、その準備やらで(特別なことは、なーんもしてないんやけど)ちょっとの間、にわか はたらきもんになってたんが、帰ってしもて、また元の通り怠け者に戻っております。

信州暮らしのころは、お正月休みに友人たちもいっぱい泊まりに来て。
民宿のおばちゃん状態の日がつづいても、へっちゃらやったんですけどね。
「お年頃」やなあ と思いまする。
おたがいにぼちぼちまいりましょーぞ。
こんなわたしですけど、
今年もどうぞよろしくおねがいします。

「歯が大事友だち大事冬林檎」(火箱ひろ)
by bacuminnote | 2016-12-31 23:56 | Comments(2)