いま 本を読んで いるところ。


by bacuminnote
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

17歳。

▲そういえば。
10 月8日は麦麦の誕生日でした。パン屋を廃業した今となってはちょっとさびしい「記念日」だけど。なんで未練がましくこんなこと書いたかというと、たまたま先日観たDVDが『17歳のカルテ』。昨日読み終えた本が『17歳・モット自由ニナレルハズ』(小倉千加子著)なので「続けたら麦麦も今年17歳になってたんやなあ」とふっと思ったりしたからです。

▲『17歳・モット自由ニナレルハズ』は小倉千加子さんが17歳のひとたちからの相談に答えた本ですが、その前書きに『私は、七十年代の十七歳に戻るのなら、もう一回十七歳に戻ってもかまわないが、今の時代に十七歳を生きろと言われれば、たぶんご免蒙るだろう』とありました。
うう~ん。わたしだったらどうかなあ?

▲親も教師も社会も政治も信用できなくて、自意識だけがふくれあがって顔ではふん!と「そんなことわたしには興味ないもん」的に
一般高校生の興味を持つあれこれに背を向け、「遅れて」生まれてきたことに地団駄を踏み、とんがっては号泣して、それがわたしのセヴンティーンだったなあ、と思う・・・というのは、しかし わたしのB面で。
A面はロックに酔い、本の海で溺れそうになりながらも、いっぱいいろんなひとに逢い、よくしゃべりよく笑い、そして思いっきり食べて太り、もてもせず、ラジオの深夜放送に常連投稿、日中はいつも眠たい17歳でした。(ん?今とあんまり変わってへん?)
ああ、そんなふうにA面もB面もあった「わたし」というレコードも 今は表裏のないCDに(笑)
17歳。はるか32年も前、1972年のことです。

▲そうそう、この16よりちょっと「大人」で18よりは「子ども」そんな17歳を思うとき、わたしはいつも当時流行ってた歌を思い出します。それは『若いという字は苦しい字に似てるわ』という歌なのですが(このフレーズしか覚えてなかったので ネットで調べたらアン・真理子の『悲しみは駆け足でやってくる』でした)今、これを書きながら
「老いるという字は考えるに似てるわ」と気づいた!(あとで白川静センセイの本で調べてみよう)まあ老いも若きも もがき苦しみ、時にコケ、考え、そして何よりあほなこと言うたり、したり、笑いながら、生きて死んでゆくのでしょうけれど。

▲話はかわって。
一昨日の夜、テレビ『ニュース23』でブルース・スプリングスティンたちロックミュージシャンが『Vote For Change 』という反ブッシュをアピールするライヴを開いているところを映していました。
ひさしぶりに見るブルース・スプリングスティンもパティ・スミスもすっかり年とっていたけれど 熱くて なかなかカッコよかった。
とりわけパティ・スミスが力強く歌う (吠える! )『People Have the Power』に、年を重ねても 怒りのパワーを持ち続けるひとのうつくしさを思いました。
[PR]
by bacuminnote | 2004-10-22 16:03 | 音楽

エアーポート

▲秋晴れの青空に誘われ 息子と二人 (出不精の相方は留守番)「よっしゃ。これから伊丹(大阪国際)空港へ行こう!」
・・・って、飛行機に「乗る」のではなく「見に行く」だけなんですけどね。
上の子はあっちこっちで飛行機に乗ってるし、親のわたしたちも何回かはあるのですが、山生まれ、山育ちの息子(その2)は乗るのはもちろん、飛行場に行くのもこれが初めて。空港にはモノレールであっという間に到着。こんなんだったらもっと早く連れて来てやればよかったなあ。いや、近くだからこそ「またこんど」を繰り返していたんだっけ。

▲じつは、先月DVDにて鑑賞の『ラブ・アクチュアリー』の冒頭に出てくるイギリス・ヒースロー空港の到着ゲートのシーン・・・親子・友だち・恋人たちが「再会」にハグしてる(抱き合う)場面がそれはもう とてもあったかですばらしくて。こんな場面を息子にも見せてやれたら、って思ったんだけど・・・。よく考えてみたら、今は国際線といえば関西空港からの発着がほとんどみたいだし、第一日本人ってめったなことでは人前でハグなんてことしません、しね。

▲というわけで、この日も見たのは関西に里帰りの息子(または娘)夫婦と孫をおじいちゃん・おばあちゃんが見送りに(または迎えに)来てる、という感じのグループいくつか。それにこの時期ゆえか 圧倒的多数は修学旅行の生徒たち。
みんなおそろいのU.S.Jの大きな紙袋を持ってぞろぞろ歩いてる。旗を掲げて先導の添乗員とセンセが「早く、早く」と声はりあげるも、生徒たちはあくまでもぞろぞろペースを徹底キープ(笑)
空港のあちこちに この「座り込み団体」 とにかく荷物がすごい。そしてみんなお金もエナジーも全部使い切ったって顔。半ば放心状態(笑)で座り込んでる。なんかすごい光景でありました。

▲展望台で手すりに肘おいて、次々と飛行機が飛び立つところをぼーっと見てるのはいい気持ち。空はどこまでも青く広く。「いつか○○に行きたいなあ」「うん。一緒に行こうね」と隣の若いカップルの会話が聞こえて思わず顔がゆるんで。
搭乗の様子を見てると知らない多くのひとたちに「いってらっしゃい」と言いたくなる。こんどは自分が「いってらっしゃい」と見送ってもらいたいなあ。ここでない、どこかに飛ぶ、ということに惹かれながら、また一機飛び立つ飛行機を目で追って。

▲「おおお、飛んでる」と間近に飛行機を見てカンゲキしていた息子も そのうち「あああ、ぼくも飛行機乗ってどっかに行きたい」と「見てるだけ」に飽きた様子。やっぱりね。思うことは同じ。
んじゃあ、どっかで一休みしよか、ということに決まり。
いつもなら「もったいない」と入らない喫茶店に、いつもなら珈琲だけどショーウインドウの中、なんともそのオールドファッションな姿(笑)に惹かれて「レモンスカッシュ」を注文。厚ぼったいグラスにレモン一切れと缶詰の薄紅色のチェリーひとつ。
喫茶店はサテン、アイスコーヒーはレイコー、ミルクティーはミティー、そしてレモンスカッシュはレスカ、野菜サンドイッチはヤーサン・・・となんでも縮めて言ってうれしがってた、あの修学旅行の子のような年頃を思い出す。
ああしかし、こんなん氷のぞいたら中身ちょっとやん。家ならもっと大きなグラスでたっぷり飲むのに。¥500は高いなあ・・・と ゆっくり郷愁に浸ってられん「おばちゃん」です。

▲帰りには息子もわたしも好物の伊勢の赤福餅買って、この頃すっかり左党になった相方には広島・鞆の浦の竹輪を、息子も小遣いで「おとう」にと京都・祇園の黄金一味とやら。旅行気分であちこちのモン買って帰宅。
この間(かん)わずか二時間余り。時間の割りに出費のかさむ「小旅行」(笑)ではあり、感動的ハグシーンにも出会えなかったものの
十数年ぶりのエアーポートでいろんなこと思って、たのしかった。
けど。
こんどは乗客として訪れたい、です。
[PR]
by bacuminnote | 2004-10-11 11:26 | 出かける