いま 本を読んで いるところ。


by bacuminnote
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

そんな季節だった。

▲いつものように買い物に出ると、道中行き交う人たちが下げてる某ドラッグストアの大きく膨らんだ袋に、スーパーの売り場でそこだけごっそり空っぽになった棚に、きもちが一気にしぼむ。それでも野菜をカゴに入れながら「今日も寒いなあ」の後「ここでこんなんやから向こうはもっと冷えるんやろねえ」「ほんまになあ・・」と、しみじみ話してはる声が耳に入ってきて、眉間の皺が一瞬緩むのをかんじる。わたしだけじゃなくそばにいた人たちも東北の凍えるような寒さをその時 思ったにちがいない。
けど、もしかしたら買いだめの人と「向こうはもっと冷える」の人は重なってるかもしれへんよなあ・・・などと思い、溜息。そんな風に思ってしまう自分にも溜息。

▲ 「疑心暗鬼」とは暗闇というだけで疑い、鬼がいるかのように見えるというたとえだが、暗闇の中ほんとうに「鬼」はいないのか。
現実に起こっていることの上に一枚(時に数枚も)ベールをかぶせたような報道の前で、訝り、憤り、ほんとうの事が「わからない」という不安に唸る。そして、何もできない自分が歯がゆい。いや、今は何もできないからこそ、せめて現実から眼をそらさず「知ろうとする」「考える」ことを放棄しないでおこうと思ったり。最後はやっぱりこれ以上もう被害が大きくならないように、不安や痛みを抱える方たちがゆっくり休める場所が一日も早くできますように、と願うばかりだ。

▲ この間からぶぉーんと音が大きくなったり、突然静かになったり、あぶないなあ、と思っていたうちの冷蔵庫がついに動かなくなった。義父母のときからのものだし、仕方なく(こんどはちょっと小さめのサイズに)買い換えることにした。
相変わらずまぶしいくらいの照明の量販店(←この明るすぎる照明、なんとかならへんのやろか)は、春の三連休ということもあって多くの人で賑わっており、中でもテレビ売り場のレジは満員で番号札を持った人たちが列をつくっていた。

▲ 広いフロアに数えきれないくらいにたくさんのテレビが並んで、その大きな液晶画面に地震や原発のニュースとバラエティー番組が同時に音もなく映しだされる。家族づれやカップルが品定めをするのに画面を眺め、見比べている。それはとても不思議な光景だった。なんだか胸のあたりがざわざわして早々に用事をすませて店を出る。

▲ 帰途、いくつかのマンションの前に引っ越しトラックが連なって停っていた。きびきびと家具を運ぶプロの仕事に眼を奪われ、しばし立ち止まる。
そうだ。そんな季節だった。地震と原発のことで頭の中がいっぱいで忘れそうになっていたけれど、あと10日もすれば4月なのだ。うちの子も進学の春。

▲新しい年になって、わずか3ヶ月の間に世界のあちこちで、次々といろんなことが起きて。息子がネットで流れる海外ニュースにベンキョウもそっちのけで 深夜までかじりついていたのがずいぶん前のことのように思ってしまう。
若い感受性が捉えた社会の矛盾や欺瞞も、権力の暴走も。自然災害のむごさ、原発事故の恐怖。そして人が結集する力の大きさも。しっかりしっかり覚えていてほしい。
いつだか読んだ上野千鶴子さんのエッセイ 『ひとりの午後に』NHK出版 に紹介されていた句をひとつ。
『生きたまへ五月は青き風の色』深代惇郎
[PR]
by bacuminnote | 2011-03-21 13:42 | 本をよむ | Comments(0)

「存在しない子」

▲ 何日か温い日が続くと、このまま春になりそうな気がして、一枚薄着の身のなんて軽やかなんだろ~と はずむように歩いてたんだけど。一転。翌朝ねずみ色の空と凍えるような冷たい雨にしょげ返る。毎年のことながら、いま時分のお天気の のぼりくだりはジンセイのごとし。うれしいこともしんどいことも。まぶしい陽の光も、なにもかも暗くするよな曇天も。いろいろぱたぱたと、ほんまに次々にやってくる。でも、春はたしかにそばまで来てる。

▲ この間、みんぱく(国立民族博物館)に行って来た。週末、青空の万博公園は家族づれや中高年の仲良しさんグループ、それに老いも若きもカップル(なぜか「老」と「若」の間のカップルは不在)が多くて。あちこちで高らかに、弾けるように笑い声があがる。きっとぽかぽか陽気はひともぽかぽか陽気にするんやね。太陽の塔の後ろ姿、そのまるい猫背を遠くに見ながら、今は空っぽの「夢の池」(←なんかすごい名前だ)に到着。池は工事中。水のない大きな池の底に重機がゆっくりと走って、そのふしぎな光景にしばし見入る。

▲ この日は日本劇場未公開作品で、関西初の上映となる 『あなたなしでは生きていけない』(2009年台湾の作品。監督/戴立忍(レオン・ダイ))の解説付き上映会にやってきた。これは翌日みんぱくで行われた国際シンポジウム 「世界における無国籍者の人権と支援:日本の課題」にさきがけての上映。会場に着くと、すでに多くの人たちが列をつくって並んではった。シンポジウムの為に来日された方たちもいらしてるようで、あちこちから外国語が耳に入ってきた。

▲ 主人公のウーシュンは港湾局の廃墟のような倉庫で娘のメイと暮らしている。メイの母親は彼女が生まれてすぐに家を出てしまって行方知れず。ウーシュンは潜水夫として働き、一人でメイを大事に育てている。暗い海と粗末な住まい、海に潜るときの装備も簡素で格好も普段着そのまんまで、大丈夫かなと心配になる。メイもオンボロ船の上からそんな父親の姿を追うようにじいっと海の中をみつめる。

▲ メイは7歳になるが、生まれたとき役所に届け出を出していないので学校に通うことができない。ウーシュンはメイを学校に通わせるべく役所に行く。そこでわかったのは戸籍上メイの母親は11年前に別の男と結婚したままで、ウーシュンはメイを実の子どもとして戸籍登録できないということ。つまりウーシュンに親権はなく、メイが国籍をもつためには母親の戸籍に入るしかない、というショッキングな事実だった。

▲ウーシュンはメイを自分の娘として登録できるように、台北にいる議員にかすかな縁を頼りに、バイクの後ろにメイを乗せて一日がかりで高雄から台北まで行ったり。笑顔で対応してくれ感激して「話は通してあるから」と言われたところに行くと「ここではだめ」とあえなく断られ。◯◯に行け、☓☓に行かないと・・・と、役所で たらい回しにされる父子。「知らない」がゆえに「知っている」人に翻弄される姿が切なく、そして憤りで胸がいっぱいになる。人を守るべき「法」が、人をどんどん追いつめてゆく。

▲ 子どもの権利条約に「すべての子どもにとって、戸籍・国籍取得は、保証されなければならない人権である」とあるのを読みながら、しかし、そもそも戸籍とは、国籍とは何なんだろう? と改めて考えこむ。
上映のあと解説の会で、戸籍制度が日本、韓国、台湾にしかないことや、フランスでは生まれて三日以内に申請すれば、個人に国籍が与えられ身分証が発行されると聞いた。無国籍ゆえに住む場所や仕事や社会保障が受けられない、という「生存権」がおびやかされる、という事も。
そうして映画のメイのように「国と国の隙間、法と法の隙間に落ちてしまう人」(この会の進行役でもあったみんぱく准教授 陳天璽さんのことば)が出てくるのだ、と。

▲ 最後にどうしようもなくなってウーシュンはメイを抱きかかえて歩道橋の上から飛び降りようとする。警察が取り囲み、その様子をマスコミがカメラを回しテレビに流す。「世の中不公平だ」「学校に通わせたいだけ」「無学な労働者のどこが悪い」「よってたかって追い詰めて」ウーシュンの慟哭がひびく。そうして、ついにウーシュンはメイと引き離されることになってしまうんだけど。最後は希望のひかりがみえて映画は終わる。
『結局、メイがウーシュンの元に戻されたのは、人が生きてゆくためには、制度だけではなく愛する人に守られる事が重要だ、という無言のメッセージだなのだと思う』『個人あってこその社会か、社会が認めてはじめて個人は「存在」するのか。そんな問いを投げかけた映画である。』(陳天璽さんの解説より抜粋)


* 追記
その1
『あなたなしでは生きていけない』
予告編
 ←残念ながら日本語字幕がありませんが、映画の雰囲気だけでも。

その2
映画を観終わってから陳天璽(ちんてんじ)さんの 『無国籍』という本を読み始めています。
著者自身が数年前まで無国籍だったそうで、表紙の写真にうつる彼女の運転免許証には「無国籍」とあります。

新潮社「波」2005年2月号より
戸井十月氏による書評

[PR]
by bacuminnote | 2011-03-03 10:00 | 本をよむ | Comments(0)